2016年夏至

今年は、地味に(?)夏至を迎えた。

「夏至だから◯◯する」ことなしに、自然に過ごしていたいと思ったから。

スウェーデンの夏至祭は、6月21日ではなくて、数日後の週末に行うのだそう。

日本のお祭りが新暦や新暦の一ヶ月後に行われるのと同じ理由。

庭の花たちに目をやりながら、思う。

「どこにいたって、何をしていたって、私は、わたし。」

夏至は私を感じる日。

いつもいつも感じてるけど、もっともっと感じる日になった。

庭のバラで作ったジャムと、エルダーコーディアルで、セレモニー。

お庭のお花で、花冠を作った。
昔は、未婚の女性は花冠をつけて、森を歩いたそう。
結婚相手との出会いの場だったそう!

既婚だけど、歩いちゃった。
なんか、楽しい。

さりげなく過ぎていく、夏至の日。
こうやって、過ごせるようになった自分が、ちょっと大人っぽく感じられる。

そう、これでいい。
何がなくても、私は全て持っている。
誰といなくても、私はいつも一緒。

魂の、細胞のつながりを感じる時間。
大切なものは、近すぎると見えなくなる。

だから、一人の時間は大切。

大切なものを取り戻す
私の時間。