南方録を読む

今日は、サロン会。
茶道の師匠の会で、先輩方のサロン会に混ぜていただいている。
皆様、お歴々の方ばかりの中、今日のテーマは「南方録を読む」。
チンプンカンプンながら、
美味しい松花堂と先生のお点てになるお茶につられて通っている。
何より繰り広げられる会話の数々が、スターダストのようにキラキラ輝いている。

主催の方は、師匠と共にお茶を学ばれていた方で、姉御肌で気っ風がすこぶるよろしい。
長く続いている会に、いつの頃か誘われて社中の私が一人ポツンと参加している。
「何も知らない人が入ってくれる方が、新鮮でよろしくてよ!」と言われ、その気になって早9年?
忙しかったり、億劫になったりして 足が遠のくことがあっても、伺うと必ず「お土産」がある。
「今日は、これを聞きに伺ったのでした!」
という話に必ず出会う。

「水引は、水糊で縒るから水引という。」
こよりを重ねてつくっていくのだそう。

中国では宋の時代の末にひき茶(抹茶)はなくなり、その後は煎茶になる。
ギリギリのタイミングで日本に入ってきて、それが点前となり、茶道が始まる。

肉食動物は、まず草食動物の内臓から食べるそう。
内臓の中には、消化された草(酵素)がたくさん入っていて、栄養があることを知っているのだ。

「鬼の心持ち」とは、お毒味のこと。
昔はお茶に毒を盛ることが多かったので、お茶を送る時には、こよりの中に「心覚え」を書いて、
茶箱に封をした。

封の仕方にも工夫をしていて、受け手はその開け方を心得て封を切るという。
昔はお茶を戴くことは、命がけだったのだ。
命がけの時代に生まれた茶の湯。

只今を大切にする、
自分を信じる、
一生懸命に生きる、

お茶つくばい
今の時代にも大切なことがちりばめられている。
一人だと何気なく読み過ごしてしまうことでも、みんなで感じながら読み進めていくと、
漣の奥にある、大河の流れを感じられたような気がして、心が得した気持ちに満ちる。
伺えないと戴けない、素敵な「お土産」。